■WOCNの投資(費用)対効果 #160

創傷ケア看護師の資格

■WOCN看護師の資格取得にかかる費用

■資格取得の勧め

Wound Ostomy Continent Nurse

Wound Ostomy Continent Nurse

創傷ケア看護師の資格

創傷ケア看護師の資格は、以前も書いたとおり、3種類あります。

CWS (Certified Wound Specialist)WOCN (Wound Ostomy Continence Nurse)、そしてWCC (Wound Care Certified) です。

WOCNは、最後にN (nurse) がついていますし、看護師に特化した資格です。

WCCは、看護師が多いようですが、看護師だけに限りません。でも、医師でこれを取る人は少ないと思います。

医師で資格を取得する方は主にCWSです。CWSの資格を取得する方の職業は、看護師に限らず、Physical Therapist や医師等、もっと範囲が広いです。

■WOCN看護師の資格取得にかかる費用

WOCNの資格試験を受ける受験資格はどのコースで受験資格を得るか、でも変わってきますが、一番シンプルなのは、WOCN学会傘下の大学のプログラムコースに入ることです。

これに入ると、大概の人は、講義コース終了後、科目試験をパスできたら、プリセプターシップを150時間(3科目分)こなすと卒業となり、卒業すると、受験資格が得られます。

WOCの3科目+基礎コースで、全部で4科目取るわけですが、全部で大体$7000くらいします。

これを高いと取るか、普通と取るかはその方次第ですが、一般の大学のコースだと考えると、アメリカの大学の授業料としては、普通、とも言えます。

学校のコースを取らない場合は、CE (continuing education) を50時間分あることが条件となりますので、多くのCEは、1時間やせいぜい1.5時間だと考えると、それを積み上げて行くのはちょっと気が遠くなりそうです。

上記の3科目を学校のコースで取ると、CEを45時間くらいもらえます。

私がどの道経由で受験資格を得たかと言うと、上記学校のコース取得後、CE45時間をもらって、残り5時間は近い過去のCEがあったのでそれを足して、WCCでの勤務経験があったので、それを総合して試験を受けました。

勤務経験があるとプリセプターシップ(現場での実習)は免除されます。

■資格取得の勧め:費用(投資)対効果

$7000は、確かに痛かった…。

病院からはそれ以前に他の事(WCC+他のセミナー)でお金を出してもらっていたので、それ以上はもらえなくて(頼めなくて)、自費は最初からわかっていました。

でも、考えてもしょうがないことは、考えているだけ時間の無駄というもので、しょうがないんです。出す以外選択肢が無いのですから…。

でも、結果的に、その金額は、一年以内で回収できました。

資格取得後、時給が >$5上がったので、結局、計算すると一年で元が取れることになります。

今日、高齢の患者さんが、Venous Ulcer まだ3回目で全然治っていないんですが、「本当にありがとう」と言ってハグしてくれて、この資格を取って働くことに何の迷いも無かったけれど、改めて取って良かったなあ、と思った次第です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする