■3:30シンドローム#92

3:30シンドロームとは、以前も少し書いたことがある「Kennedy Terminal Ulcer」のことです。

これも以前書きましたが、この症状に出会った時は、この呼び名は自分の心にしまっておくようにして、症状に対するアセスメントを通常の褥瘡のアセスメントとしてするようにしています。

何故、この症状が3:30シンドロームと呼ばれるかと言うと(実際に呼んでいる人は周りにはいませんが)、朝の看護師のアセスメント時にはなかった症状が午後の3時半(8時間シフトの所では、次の看護師のアセスメント)にはあると言う、どういう意味かと言うと、それだけ進行が速い、悪化の速度が速い症状、という意味です。

この度、またそういう患者さんが入院してきました。

DTIのような紫色が尾てい骨の辺りに広がっています。

でも、押すと、白くなって、「blanchable」というやつです。

この段階で出来ることは、「Frequent Turn & Repositioning」体位を変えてあげることくらい。また、痛みが少しでも軽減するようにフォームのドレッシングをしても構いませんが、だからと言って、それで悪化が止まるかというと、それはありません。

そして亡くなったわけなのですが、担当看護師が、他の患者の世話で丁度どうしても手が離せず、自分の対応が遅れたせいで…、と亡くなったのは自分のせいだ…と自分を責めていたので、言うか言うまいか迷いましたが、「ラボの内容からしても、褥瘡からしても、彼はどっちにせよEnd-of-Lifeだったと思う」と言いました。

今まで見たKennedy Terminal Ulcer の中で悪化の速度が一番早かったケースでした。