■介護者も健康第一 #161

時間に余裕があると、付き添いで来た家族のバイタルを取ってあげたりすることがあります。

フリーで働いてるわけでもなし、お給料を頂いて働いている身なので、そのような行為は決して奨励されないとは思うのですが、2、3分で取れるわけなので… コミュニティ全体のために…ということで…。

「貴方の血圧もチェックする?」と聞くと、ほぼ全員が「え?いいの?」と言って同意します。そしてほぼ全員が、「血圧なんて長い間測ったことない」と言います。

病気で外来に来たりすると、その都度、血圧とか測られるのですが、なまじ健康ですと、全然そのような機会が無かったりします。

今日は、高齢のお母さんに付き添いで来た60代くらいの娘さんの血圧を測ったところ、軽い気持ちで測ったのですが、意外にも…お母さんより全然高くて、165くらいありまして、「え⁈」となってしまいました。お母さんは120/66で全然Okな感じでした。(と言っても血圧の薬を飲んでいます。)

血圧の上昇は、カフがきつかったりすると高くなったりするので、ちょっと巻き直して再度測ったら、それもやっぱり同じくらい…。

お母さんの背中越しで、何やら2回も測り直しているので、お母さんが「何?どうなの?」と聞いてきます。

娘さんが私に、何やら必死な感じで「何も言わないで!!」のサインを送ってきてるので、娘さんと一緒に「エスタ ビエ~ン!」と言ってテキトウにごまかした感じでしたが、娘さんは何だかちょっと動揺というか… びっくりというか… していたので、何だかさすがにちょっと逆に罪悪感で「月曜に来たらまた測るから、週末は気にしないでね」と言って帰ってもらいました。

以前、子供を訪問した際、お父さんの血圧を測ったら、これまた超高くて、ヒスパニックのお父さんで背は低いけどがっちりタイプで、ほぼ病院にも行かない感じだったので、週に一回行く度に問題のお父さんのを追加で測っていたら、徐々に血圧が低くなっていきました。

可愛い子供が4人もいるんだからお父さん体に気をつけて… と言って毎回測っていたら、子供達も全員で「ええ~、パパ~」と心配するし、お母さんもこれはまずいと思ったようで、食生活の見直しがあったようです。良かったです。

介護をされる方や、家族の方は、医者にかからない分、状態が目に見えないので、逆にどこかひっかかるところがあったりします。自分の健康を軽視せず、時にはチェックしてみましょう。(←自分に言ってます。)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする