■フットケア用サプライ その2 #180

以前、#152でフットケア用のサプライを紹介させていただいたのですが、ちょっと付け足しがあったのを載せよう載せようとずっと思っていましたので、今日載せてみたいと思います。

それは、ニッパー等の殺菌用のソリューション、その他です。

一日に何人もの足の爪を切ることはあんまりありませんが、時々複数人います。たった1人でも勿論その後消毒・殺菌しておく作業は発生します。

その際に使用するのは「Barbicide」という綺麗な青色の液体です。

BARBICIDE Solution

BARBICIDE を水で薄めて使用します。

水で希釈して使用しますが、比率は32オンスの水に対して2オンスを入れます。

ニッパーやサンドするツールを2,3分浸けておくだけで良いようですが、私は気分的にいつもそれより長くいれておいてます。

もう一つは、フェイス・シールドです。

mask + face-shield

マスク+フェイスシールドが合体しているもの。ちょっと見えにくいですが…。

使い捨ての、マスクとフェイスシールドが合体しているものがあって(写真)、それがあればそれを時々使用しますが、それが無いと、マスクと透明のプラスチックのアイシールド(ゴーグル?眼鏡?)を一緒に使用します。

爪を切る時は、切る度に、もう片方の手で覆って、切った爪があちこちに飛ばないようにしますが、それでも時々飛んで髪とか顔とかに当たったりするので、シールドがあるといいです。

また、サンドをかけると、粉塵が舞います。この粉塵は生きている細胞じゃないので、これを吸って肺がやられた、というエビデンスは無い、と言われてはいますが、気分的にわざわざ吸いたくはないので、やっぱりマスクは必須です。

その他に、ちょっとした低い椅子や、タオルなどがあるといいです。4x4”のガーゼとかもあるとちょっと便利です。足の指の間を拭いたりする際とか便利です。

高齢者の方は、よく街のベディキュア屋さんに行って爪を切ってもらうことがあります。ペディキュア屋さんでは、基本的に、指と同様、キューティクルも押したり剥がしたりすることがあります。しかし、看護師がするフットケアではそれは自然の原理(キューティクルの保護作用)に反するということで、しません。

以上、フットケア用のサプライでした。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする