■メチレンブルー (Methylene Blue) in Wound Care #242

魚の水槽に入れて使用するイメージがあります。

足の専門医の所で、紫の液体でペイントされた足の指の患者さんが、午前中だけで二人いました。午前中だけで二人だと、そんなに珍しいことではないのかもしれません。

が、私にとっては「え?」という感じ。

1人は、足の指に皮膚の炎症がある高校生の女子。足がメチレンブルー液と思われる紫で塗られている為、自分のペディキュアの黒色とのコンビで、サンダルを履いているので、見かけがちょっと強烈です。

ドクターは気にする感じでもなく「あ、メチレンブルーね、はいはい」という感じで終わっていました。この患者さんは、隣の市のクリニックからの紹介で来ているので、そのクリニックかもしれないし、家族が入手してつけたのかもしれないです。

誰がどこでこの高校生にこれを塗ってくれたのか、という私の疑問は、そのまま残ってしまいました。雰囲気的に、私はその場で聞くことが出来なかったんですよね…。残念。

スポンサーリンク

メチレンブルー (Methylene Blue)

その液自体は、主に動物の創傷や皮膚の炎症の治療に使用されます。バクテリアの他に、カビにも効くようです。バクテリアは、Gram(+)(-)両方に効くbroad spectrum。抗酸化作用があり、ミトコンドリアを保護し、細胞の炎症を抑えます。(Ahn et al, 2017)

農場などでは、馬や犬などの動物の創傷ケアによく使われるようです。安価な他、傷にしみないので、動物が暴れたりすることもなく、ケアをスムーズに行うことが出来るのが利点です。記事によると、農場などでは、動物だけでなく、人間の創傷のケアにも同じように使われているということでした。(Newmarker, 2018)

メチレンブルー (Methylene Blue) は、「Hydorofera blue」で知られるようなフォームのドレッシング材の材料にもなる青い液体です。Hydrofera Blue の他に、「Derma Blue」というのもあります。

Hydrofera Blue (Hydrofera 社)

Active ingredientは、Active ingredientは、Methylene Blue (0.25㎎/g) + Gentian Violet (0.25mg/g)。種類によって、Hydrateが必要なものと不要なものがあるので、説明に従って使用します。上記の通り、anti-microbial効果があり、ドレイネージも吸います。

使用感としては、魔法のドレッシングではない、ということ。どんなドレッシング材も、何を使うか、ではなく、どのようにケアしていくか、です。

ドレッシング材は、Hydrofera社のものですが、2012年に大手のHolisterに売却され、しかし、2016年にHydrofera Blue のco-founderが買い戻したようです。(ニュースはこちらの記事からです。)

ドレッシング材1つで、会社が回せてしまうんですね。いいドレッシング材を一つ開発するってことは、すごいことなんですよね。

DermaBlue (DermaRite 社)

Active ingredientは、Methylene Blue (0.25㎎/g) + Gentian Violet (0.25mg/g)、そして更にsilver sodium zirconium phosphate (up to 7mg/g)。

Hydrate不要。

比重から行くと、メチレンブルーというよりも、ほとんどシルバー中心のドレッシング材のような気がしないでもないですが、見かけがとてもブルーなものだからメチレンブルーが強調されて、Hydrofera Blueと同じようなドレッシングという「イメージ」です。

シルバーが入っているので、使用の際は、アレルギーや、生食水の使用に気をつける必要があります。こちらのドレッシングは、「Hydrate 不要」となっているので、それほど気にする必要は無いのかもしれません。

ちなみに、このsilver sodium zirconium phosphate のドレッシング材というのが、ファーマプラスト社 (Pharmaplast) という所から出ているようです。

リンクはこちらです。

(参照リンクは下記)

Methylene Blueを使用した、創傷ケアの症例はで書きたいと思います。

■Methylene Blue in Wound Care: Case Study #243

Reference

Ahn, H., Kang, S.G., Yoon, S. et al. Methylene blue inhibits NLRP3, NLRC4, AIM2, and non-canonical inflammasome activation. Sci Rep 7, 12409 (2017). https://doi.org/10.1038/s41598-017-12635-6. Retrieved from: https://www.nature.com/articles/s41598-017-12635-6#citeas

Newmarker, C. (2018). Hydrofera co-founder buys back business from Hollister. Retrieved from: https://www.medicaldesignandoutsourcing.com/hydrofera-co-founder-buys-back-business-from-hollister/

Wound Source. (n.d.). DermaBlue + foam. Retrieved from: https://www.woundsource.com/product/dermablue-foam

Wound Source. (n.d.). Hydrofera Blue. Retrieved from: https://www.woundsource.com/product/hydrofera-blue-classic

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする