■救急の医師がhospitalistに。非常にイイ。#184

先月までERの先生だった方が、Hospitalistとして、Med-SurgとかRehabとか、更にはLong-term Careまで診るホスピタリストとしてフロアに来ることになりました。

Hospitalistとは、病院内で主にinternal medicine(内科)を見る医師です。

病院の経営悪化の為、ERスタッフ(医師達)を外注(と言うんでしょうか?!)することになり、総入れ替えになった結果です。この医師以外は全員病院を去ることになりました。

Med-SurgにWoundがある患者さんがいて、たまたまタイミング良く登場されたので、一緒に部屋に行きましたが、イイです。非常~にイイです。

外科医は割とすぐにORに患者さんを移して麻酔してチームでやりたがるし、内科医は「創傷はおまかせ」で自分であれこれしたりする医師はあんまりいません。その点、その中間的なこのERの医師は、Bedsideでササっとprocedureをしてくれるのです。

また、外科医の先生は、OR内で、立派な本格的なforceps (ピンセットみたいの) を使用するので、縫合糸を切るキットに入った「made in ●キスタン」の安いピンセットだと上手く取れないとブツブツ言ったりするのですが、ERの先生は、そんなピンセットを責めたりすることもなくチャチャっとやってくれる。

とにかく動きが素早いし、決断が素早いし、オーダーもササっと入れてくれるし、非常にイイです。ERの医師だから、じゃなくて、この医師だからかな。だから、残ったのかな…。良かった。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする